Off stage style 本人、スタッフによるメッセージを不定期に更新

Page 1 of 4012345102030...Last »
クロサギ

こんにちは。

サッカーW杯2022では、日本代表チームの決勝トーナメント進出が決まりましたね!
優勝候補のスペインを相手に、再び大きなことを成し遂げた選手たちの勇姿に感動しました。
初のベスト8を目指して、頑張れ、ニッポン!

さて、事前にメルマガでお知らせさせていただきましたが、現在放送中のTBS系金曜ドラマ「クロサギ」に、第7話から出演させていただいています!

世界中に沢山のファンを持つ漫画シリーズの『クロサギ』。
その完全版としてドラマ化された本作に、最終章を迎える重要なタイミングで参加させていただけることがとても嬉しく、光栄です。

役どころは、佐々木蔵之介さん演じる宝条の部下、成沢正和 役です。

蔵之介さん(現場でもそう呼ばせていただいています。)とは、
2020年放送の「知らなくていいコト」以来の共演ですが、
久しぶりにお会いした時、その時の僕の役名だった「ウッディ」と呼んでくださり嬉しかったです。
※ウッディについては、オフステコメント「ウッディの知らなくていいコト」(2020/1/27〜3/9)をご覧ください。

宝条の直近として働く成沢は、果たしてどんな人物で、これから黒崎とどう関わってくいくのか。

詐欺師たちの巧妙な駆け引きと共に、更に大きく動きだす物語を、
最後まで楽しみながらご覧いただければと思います。

ということで、
「クロサギ」第8話もお楽しみに!

(以前撮影した、獲物を狙う野生のアオサギ。)

それでは

邦斗

2022/12/03 from Kunito Watanabe

ページトップへ

歴史的勝利

こんにちは。

前回のオフステ(2022/11/18)では、
サッカーの「ワールドカップ(W杯)2022」について書きましたが、
先日の日本代表対ドイツ代表の試合をご覧になられましたか?

ニュースでも沢山流れていたので、ご存じの方も多いかと思いますが、
劇的な逆転勝利を収めました!

日本代表チームの皆さん、おめでとうございます!

その試合を自宅でテレビ観戦していた僕は、
日本が逆転ゴールを決めた瞬間、思わず叫びそうになりましたが、
深夜だったので気持ちをグッと堪えて、
ひとりテレビに向かって渾身のガッツポーズを何度もしました(笑)。

逆転勝利をしたことも素晴らしかったのですが、
実は日本代表チームはこれまで、
強豪国のドイツに一度も勝ったことがありませんでした。
(ドイツとの過去の対戦成績は0勝1分1敗)
しかし、このW杯という大きな舞台で初めて勝利を収め、歴史を塗り替えたのです!

スポーツの世界では、技術的に強い者が勝つことが多く、
この試合の大半の予想でも、ドイツが圧倒的に有利だったのですが、
W杯では、国を背負う気持ちとチームの強い団結力が、勝利の鍵を握っているのだと、
日本代表選手たちの勇姿を見て強く感じました。

そして何より、近年はコロナなどの暗いニュースが多かった中で、
日本の勝利は、大きな喜びと勇気を僕たちに与えてくれました。

次のコスタリカ戦は、僕は撮影のためリアルタイムでテレビ観戦ができませんが、
日本代表チームの健闘をお祈りします。

頑張れ、ニッポン!

(サッカーボールを買ってもらって上機嫌な3歳の僕)

それでは

邦斗

2022/11/25 from Kunito Watanabe

ページトップへ

サッカーW杯2022

こんにちは。
秋晴れが続き、過ごしやすい日々ですがいかがお過ごしでしょうか。

さて、
11月20日から12月18日まで、
サッカーの祭典「カタール ワールドカップ(W杯)2022」が開催されます。

僕は2002年に母国開催した、
「日韓W杯2002」で起きたサッカーフィーバーに乗り、大勢でのTV観戦にハマり、
それから日本は勿論のこと、世界のクラブチームの試合をTVで観たりニュースを追っかけたりと、
今でも、サッカーを観戦することが大好きです。
(たまにスタジアムで生観戦もします。)

特にW杯は、4年に1度の開催なので、
国を代表して出場する選手たちのモチベーションも、
それを応援する世界の人たちの空気も最高潮に盛り上がるので、
今から楽しみでなりません。

実は、小学2年生の甥っ子がサッカークラブに入っているのですが、
彼のやる気もW杯に向けてスイッチが入り、クラブチームの練習の他に自主練を始めたそうです。

(甥っ子が作った「リフティングめざせ30回カレンダー」)

この手作りのカレンダーを見た時、僕はサッカーではなく剣道やバレーボールでしたが、
少しでも上手くなりたくて必死に練習した少年時代を思い出し、
込み上げてくるものがありました。

目下、僕の楽しみは甥っ子と、11月27日の[日本×コスタリカ]の試合をTV観戦することです。
(日本の初戦を観たいところですが、放送時間が深夜の為、甥っ子とは観戦できません。)
きっと熱い夜になること間違いなしです!

頑張れ、ニッポン!

(サッカーをしながら遊ぶ小学1年生の僕)

それでは

邦斗

2022/11/18 from Kunito Watanabe

ページトップへ

天体ショー

こんにちは。
先日、皆既月食と天王星食が同時に起こる、
非常に珍しい天体ショーがありましたね。

僕は残念ながら、タイミングが合わず観ることができませんでしたが、
SNSの写真やニュースの映像で、赤銅色になった美しい満月と、
そこへ隠れていく天王星を楽しみました。

皆既月食は、通常よりも月の明るさが落ちるので、
観測された方はきっと、肉眼でもその様子を見ることができたと思いますし、
スマホのカメラでも、月の表面まで写すことができたのではないでしょうか。

そして今回、僕が一番気になったのは、
テレビのニュースのインタビューに答えていた観測者が持っていた、
スマホに取り付けられた天体望遠鏡です。

調べてみると、
望遠鏡を覗く部分、ファインダースコープに、スマホを取り付けることができ、
望遠鏡で映し出した天体を、スマホのカメラで観測しながら撮影ができるという代物でした。

スマホのカメラが高画素数、高画質になったことで、
こういった応用もできるようになったのかと、感激しました。
一眼レフやミラーレス用のレンズでいうと、
天体望遠鏡のように、星を大きく撮影できるレンズはかなり高価なので、
星を撮影する時には、天体望遠鏡+スマホは良い方法だなと思いました。

次回、皆既月食と天王星食が同時に起こるのは213年後だそうです。
僕は観ることは叶いませんが、213年後の人類は、
もしかしたら月に移住ができるようになっていて、
月で皆既月食を体験しているかもしれませんね(笑)。

それでは

邦斗

2022/11/11 from Kunito Watanabe

ページトップへ

ススキ

こんにちは。
11月も1週間が経とうとしていますが、
穏やかな天候が続いており気持ちが良いですね。

さて、今回のオフステはススキのお話です。
ある目的地に向かっている道中で、
群生するススキを見つけ立ち寄りました。

(群生するススキ)

その場所は、僕がいた道沿いではなく、
脇道の1kmほど離れたところにありましたが、
夕方の陽を浴び、全体が黄金色に染まっていたので、
遠くからでもススキの存在が際立って見えました。

その色に誘われるように近くまで行ってみると、
風が吹き始め、辺り一面のススキから、
優しいサラサラとした音が聞こえてきたのです。

もし、そのまま遠くから見ているだけだったら、
決して味わうことができなかった音だったので、
行動に起こして良かったと思えた瞬間でした。

そうしてしばらくの間、
自然が織りなす秋の美しい風景を楽しみました。

今週末も全国的に晴れ予報です。
皆さまにとって、素敵な秋の週末になりますように。

それでは

邦斗

2022/11/04 from Kunito Watanabe

ページトップへ

剪定

こんにちは。
段々と寒さを感じ始めましたが、いかがお過ごしでしょうか。
今年は例年に比べ、気候の変化が緩やかなので、もう少し秋を楽しめそうですね。

秋といえば紅葉ですが、寒暖差が激しいほど綺麗に染まるそうです。
それをより感動的に見えるように、人の手で整える場面に遭遇しました。

(庭師の剪定の様子)

夏の終わりのこと、あるお寺で小さな剪定バサミを使って、モミジの枝や葉を切り落としている庭師の方を見かけ、写真を撮らせていただきました。

お話を伺うと、秋に向け、葉が染まる姿をイメージしながらバランスを整え、より美しさを高める作業をしているとのことでした。

暫く邪魔にならない様にその様子を見させていただきましたが、形が整っていくモミジに、職人の技を感じ感動しました。

それからしばらく時間が経ち、季節は秋になったので、そろそろそのお寺に紅葉を見に行ってみようと思います。

束の間の紅葉シーズンですが、皆さまもそれぞれの秋を楽しめますように。

それでは

邦斗

2022/10/28 from Kunito Watanabe

ページトップへ

久しぶりの猫

こんにちは。
すっかり秋も深まり、秋晴れが気持ち良いですね。

先日、ランニングをしている時に、久しぶりに野良猫を見かけました。

その猫を発見した時は、僕の前をとぼとぼと歩いていたのですが、猫に追いつくと、ニャーニャーと鳴きながら僕と並走し始めたのです!

(並走する野良猫)

そうしてしばらく並走をしていると、不思議とランニングの息苦しさが消えて身体が軽くなっていきました。

もしかしたら、僕を応援する為に一緒に走ってくれたのかもしれません。

そのあとその猫は、ある民家の玄関先で止まり、玄関脇の茂みに入っていきました。

(民家の玄関先に止まる、猫の後ろ姿)

去り際に、「ありがとう。」と声をかけると、少しだけ立ち止まって振り返ってくれました。

久しぶりに見かけた野良猫は、最後まで優しく、僕を励ましてくれている様でした。

これから季節は冬に向かっていくので、猫にもランニングにも厳しい季節になりますが、小さな楽しみを見つけながら続けようと思います。

それでは

邦斗

2022/10/21 from Kunito Watanabe

ページトップへ

ある日の出来事

こんにちは。
秋も深まり、街路樹の先が薄らと黄色みを帯びてきましたね。
街が黄金色に染まるのが待ち遠しいです!

さて、
今回のオフステは、最近、大笑いした話です。

先日、数年ぶりに山梨県にあるブドウ園に出かけました。
この季節に行くと、空一面を覆うように張り巡らされたブドウの木の枝から、
沢山の房がぶら下がっています。

その光景は実際に見るとものすごい迫力で、何度見ても驚きます。
そしてこれが全て、僕の大好きなブドウなんだと思うとなんとも幸せな気分になるのです。

そこでは勿論ブドウの購入もでき、
スタッフさんが購入したい種類のものを一つ一つ丁寧にその場で摘んでくれます。
しかも、いつも沢山試食をさせてくださり、
その年のお勧めを教えてくださるので、それもまた楽しみの一つなのです。

僕は今年、「シャインマスカット」を3つ購入しました。
やはり王道で美味しいです!

(「シャインマスカット」の重さを量る風景)

実はそのうちの一つは、
その日に会う約束をしていた、友人で俳優の青柳尊哉くんへのお土産でした。

尊哉にお土産を渡したら、
彼からも「はい、これ。」とビニール袋を渡されたので中を覗いてみると、
なんと「シャインマスカット」!
びっくりして、「俺もだよ!!」と思わず大声が出ました。

少しの間の後、「何で、シャインマスカットを交換してるんだろ、俺たち」と2人で腹を抱えて笑いました。

そんな可笑しな偶然に幸せを感じた、ある日の出来事でした。

(尊哉からもらった「シャインマスカット」)

それでは

邦斗

2022/10/14 from Kunito Watanabe

ページトップへ

イノシシラーメン

こんにちは。
秋を通り越し冬のような寒さの日々ですが、いかがお過ごしでしょうか。
来週は、汗ばむぐらいの陽気に戻るそうなので、
体調管理に気をつけたいところです。 

さて、今週のオフステは、
先日、ある定食屋さんで食べた「イノシシ肉のラーメン」のお話です。

(イノシシ肉のラーメン)

その定食屋さんを訪れたのは初めてのことで、
ラーメンの他にも、カレーライスやパスタ、川魚焼き定食に蕎麦など、
多種多様な料理がメニューに並んでおり、面白いお店だなぁと思いながら、
食べたいものを探しました。

その中で僕が選んだ料理は、「季節の山菜ラーメン」だったのですが、
テーブルに注文を聞きに来た店主が、
「今日は裏メニューで猪があるよ。イノシシラーメン、うまいよ。」と教えてくれたのです。

これまでイノシシを食べたことがなかった僕は、好奇心に駆られ、
「季節の山菜ラーメン」を改め、「イノシシラーメン」を注文することにしました。

イノシシの肉は、特有の臭みがあると聞いたことがあったので、
食べられるか不安でしたが、ひと口食べてみると、
臭みはほとんど無く、とろけるような食感と甘さが絶品で、ペロリと完食しました!

その感動を店主に伝えると、
臭みを取る為にはしっかり血抜きをし、
肉の筋を断つ方向に捌くことで、柔らかな食感を得られるのだと教えてくれました。

今後、僕がイノシシを捌くことがあるかはわかりませんが、
どんな食材も、ひと手間を加えることで、更に美味しくなることを改めて学びました。

帰り際、お店の外に乾燥中のイノシシの皮を発見しました!

こんな光景に入店時、全く気が付かなかったことに驚きですが、
「イノシシラーメン」になったイノシシなのだろうと思い、
お顔に向かって、命を頂いたことのお礼と感謝を伝えました。

そしてまたいつか、この定食屋さんを訪れてみたいと思います!

(定食屋さんの店内風景)

それでは

邦斗

2022/10/07 from Kunito Watanabe

ページトップへ

お見舞い

こんにちは。

台風による大雨で災害に遭われた皆さまに、お見舞い申し上げます。
依然として、影響を受けている地域の皆さまにおかれましては、
少しでも早い復旧をお祈りいたします。

行楽シーズンではありますが、急な気候の変化や台風、
そしてコロナに気をつけてお過ごしいただければと思います。

明日から、10月に入ります。
自然界では厳しい冬への準備の季節である秋。
ミツバチもせっせっと蜜を集めていました。

僕もそれに習い、
心身ともに、実りある季節にしたいと思います。

皆さまも、それぞれの秋を楽しめますように。

それでは

邦斗

2022/09/30 from Kunito Watanabe

ページトップへ

Page 1 of 4012345102030...Last »