Off stage style 本人、スタッフによるメッセージを不定期に更新

Page 1 of 191234510...Last »
ウルトラマン ダークヒーロー スペシャルナイト Blu-ray

「ウルトラマン ダークヒーロー スペシャルナイト」を収録したBlu-rayが発売されます!

これは2018/8/15に行われたウルトラマンのイベントで、
僕が初めて参加させていただいた、記念すべきイベントです!

ジャグラス・ジャグラー役の青柳尊哉さんと、オーブ&ジードのプロデューサー鶴田さんとのトークショーは、初めてお客様と交流できた大切な時間で、今でも皆さんが名前を呼んで下さったことなどしっかり覚えています!
それに、Blu-rayを見ていただくとわかると思いますが、
「ダーク」の意味はどこにいった?と言われそうなほど、
最初から最後までニコニコ顏の僕が見られるはずです。
その位、幸せで楽しかったトークショーの模様を収録したBlu-rayです!
このBlu-ray化、実は僕が一番嬉しかったりして…(笑)。

更に、僕のホームページからお申し込みいただいた方には、
直筆サイン入りのフォトカードもBlu-rayと一緒にお届けします!

皆様のお申し込み、お待ちしています!

それでは

邦斗

2018/10/16 from Kunito Watanabe

ページトップへ

噂の写真展2018

「噂の写真展2018」に写真作品を出展します!

この写真展への出展は、今年で3回目。
趣味でずっと続けてきた写真を世に出す機会をくれた、とても大切な写真展です。

さて、今年の出展作品は..、勿体ぶらず、ズバッとタイトルを発表しちゃいます!

「Tokyo Nostalgie -斜陽-」です。

「Tokyo Nostalgie」は、instagramにも時々投稿していますが、実は、2016年に初めて作品を発表した時のタイトルです。
東京の再開発をテーマに、愛用の二眼レフカメラで撮影をした作品を展示しました。

その後、そのカメラで「東京を記録する」ことが、僕の一つの写真テーマになり、現在も撮り続けています。

その中から更に絞り込み、シリーズ第2弾「Tokyo Nostalgie -斜陽-」にまとめました!

展示予定の作品は全て初出しの新作!

instagramに投稿している写真とはまた違う、プリントした写真の迫力を感じていただけるはずです!

是非、遊びにきてください!お楽しみに!

それでは

邦斗

2018/10/05 from Kunito Watanabe

ページトップへ

撮影風景写真

写真を撮りに出かける時、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、一人気の向くまま、自由に動き回って撮っています。

もし一緒にでかける人がいたら、僕の自由すぎる行動に相当フラストレーションを抱くと思うなぁ…(笑)。

なので、撮影中の自分の写真がほぼありません。
撮ってくれる人がいないので…。

ですが、オフステを読んでくださっている方の中には、
普段どんな風に写真を撮っているのか気になっている方もいらっしゃると思うので、
撮影風景写真がないか探してみました!

そして、見つけました!3枚!(少なっ…。)


沖縄にて。
写真を撮る時はよく、座ったり、仰向けになったりします。
猫を撮る時はホフク前進することも…(笑)。


甥っ子の撮影にて。
これなんかもう、レフ板を頭で支える力技(笑)。
この姿勢のまま固定されていたので、キツかったのを覚えています(笑)。


これは…何を撮っていたのか覚えていません(笑)。
客観的に見ると「いつの写真?どこ?こんな時あった?」と思い出せない…。

3枚だけですが、こんな感じで写真撮影をしています。

もっともっとお見せしたいところですが、これで全部です。

いつか機会があったら、猫をホフク前進で追いかけている姿を誰かに撮ってもらいます!

それでは

邦斗

2018/09/21 from Kunito Watanabe

ページトップへ

メロンパン

実は、唯一食べられない物です。

「うそだ!?」と良く驚かれるのですが、これ、ネタじゃありません(笑)。

4歳ぐらいの頃のトラウマで、思い出すと苦しいので書きませんが、パン屋さんに入る時はメロンパンがあるか先にチェックし、なるべく距離をとり、前を通らない様にしています。

でも本当は、僕の性格的に「なんでも食べられます!嫌いな物ありません!」と言いたいのです!

ある日、知人と話している時に、
「トラウマは克服できる!脳の記憶だから書き換えちゃばいいのさ!」と教えてもらいました!

あー!なるほど!
「主観から客観に視点を変え、自分の体験ではない」とすればいいのか!

 …いや、待て待て。

言葉でいうほどそんなに簡単な作業ではない!
苦い思い出も相まって、30年間唯一食べられない物として君臨してきたメロンパンですから…。

しかし脳の記憶を書き換えるべく、
頑張ってメロンパンと苦い思い出を頭に浮かべ、客観トレーニングすることに。

思い出はなんとなく客観視できる。
メロンパンの方も何十年も口にしていないので正確な味を思い出せないし、普通に美味しく食べられるでしょ!と自分に言い聞かせてもみましたが、やはりザワザワと拒絶反応が出ます…。
そもそも味覚を客観するって無理でしょ(笑)!
この方法は有効ではなさそうだ。

でも、なんだか、書いているうちにメロンパンが食べられない自分に笑えてきました(笑)。

あれ?

ひょっとしたらこれは大きな一歩かもしれない!
好奇心だけで向き合ったら、メロンパンを手に持てるかもしれない!その勢いでパクッといけるかもしれない!
(書くことも克服方法の一つなのか?)

あぁ、でも、噛んで味がしたらどうしよう…。

克服するにまだまだ時間がかかりそうです。

皆さんは食べられないものありますか?
そしてそれを克服できた方法知っていますか?
何か方法があるなら教えてください!

それでは

邦斗

2018/09/04 from Kunito Watanabe

ページトップへ

ダークヒーロー???

先日行われた「ダークヒーローズナイト」の会場写真を入手しました!
円谷プロダクションより使用の許可をいただきましたので、少しお見せしたいと思います。

邦斗からは内容は会場限定、なんてオフステメッセージがありましたが、当日のトーク進行内容も公開したいと思います!

①ダークヒーローの心得
②写真で振り返る!闇の軌跡
③闇の質問生回答コーナー

楽しい司会進行のお二人と共に①〜③のトークは快調に進み、一緒に出演した鶴田プロデューサーいわく
「あそこまで盛り上がったウルフェスイベントはこれまでになかった!」と言っていただきました!

本当に会場と一体化したあの興奮は、今思い出しても身震いする感じです。
会場の皆さんの声が地響きのようで、熱い思いがステージにいる邦斗にも充分に伝わるイベントでした。

しかし…「ダークヒーローズ」と命名されたイベントにもかかわらず、ステージ上の邦斗は、笑顔、笑顔、笑顔、笑顔…嬉しくして仕方がない感じに溢れていました(笑)。

(これで良いのだろうか???)


(いったい何をしているのか???(笑))

では、二回目の「ダークヒーローズ」イベントに声がかかることを祈って…。
皆さんには是非とも声高に
二回目を希望していただいて…(笑)。
よろしくお願いします。

2018/08/27 from staff

ページトップへ

ダークヒーロズ スペシャル ナイト

「ウルトラマン ダークヒーロズ スペシャル ナイト」のトークショーに出演しました!

沢山のお客様からの「闇ー!!」という大きな掛け声から始まった
ヴィラン(悪役)だけのスペシャルナイト。

ご参加いただいた皆さん、いかがでしたか?

僕は皆さんからの温かな闇の声援がとても嬉しく感動し、本当に素敵な時間を過ごすことができました!

そして、初めて出演するウルトラマンのイベントで、ジャグラス・ジャグラー役の青柳尊哉さんと
オーブ&ジードのプロデューサー鶴田さんとの特別なコラボを企画してくださったイベントスタッフにも感謝です!
トークショーの内容は会場限定なのでお伝えできませんが、予定外のことが沢山あった中、
確実なフォローとアシストをお二人にはしていただきました。

それと、ウルトラマンジードを一緒に作ってきた仲間たちも駆けつけてくれて…。
ジードメンバーは普段の僕を知っているので、
僕が緊張することを見越して応援に来てくれたのです(笑)。
きっと終始ヒヤヒヤしながら見ていたと思います(笑)。
しかし撮影を終え、時間が経った今でも、こうしてウルトラマンを通じて繋がっていられる事が
とても幸せでした。

今日までご縁を繋いでくれたウルトラマンに感謝です。

ご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました!

今放送している「ウルトラマンR/B(ルーブ)」でも新たな闇が生まれているので、
これからもヴィランの集いが続いていけばいいな!

そしていつの日か伏井出ケイとして皆さんの前に戻りたいです!

最後に、ステージに上がる直前の青柳尊哉さんと鶴田プロデューサーとの写真を。

それでは

邦斗

2018/08/16 from Kunito Watanabe

ページトップへ

夏休み2

夏休みの続きです。

道路に何かいる…?と近づいてみると…、

野生のニホンザルが!
道路上で堂々と子猿の毛づくろいをしていたのです!

写真を撮りに来たので、そこからはもう猿を撮ることに夢中(笑)。

しかし、子猿を持つ親猿は不審者(僕)に警戒しっぱなし…。
なるべく怖がらせない距離を取り、道路に寝そべった状態でシャッターを切ること数十分。

何か目線を感じふっと周りを見ると、30頭近くの猿に囲まれていたのです(焦)!

しまった!ナワバリに入っていたのか…。
これはまずい…。
と立ち上がると、大きな雄猿が金切り声で威嚇しながら走って近づいてきたので、ひたすら逃げる!

いやー、焦りました(汗)。

ナワバリを侵してしまったことを反省しつつ、
猿が威嚇してこない、お互いにとって良い距離を保って、もうしばらく撮影を続けさせてもらいました。

猿に追いかけられるというアクシデントはありましたが、大自然を肌身で感じた時間になりました!

instagramに投稿した「オニヤンマ」、「セミの抜け殻」(instagram2018/8/9)の写真はこの時に撮影したものです。

これからも故郷の信濃大町で撮影した写真を投稿していきますので、是非見てください!

お楽しみに!

それでは

邦斗

2018/08/10 from Kunito Watanabe

ページトップへ

夏休み

今年は夏休みをとり、故郷の信濃大町へ帰省しました!

夏に帰るのはナント6年振り。
近年、マイナス10度を下回る雪景色の故郷しか見ていなかったので、
夏景色にワクワクが込み上げて来ました(笑)。

ということで毎朝4時に起きて、大自然の写真を撮りに行くことに!


車で走ること約20分。
そこはもう深い山の中。冬には感じられない緑の匂いと、冷んやりとした空気が最高です!
しかし、車のエンジンを切ると、人工的な音は一切なし。

さらに歩いて森の中へ進むと

東京での喧騒に慣れてしまったせいか、森の中の静けさに抵抗を感じ、
なんだか不安になりました(笑)。
でも「そもそもこの土地で育ったんだから平気だ!」と思い直すと、
草木が揺れる音、湧き水が流れる音、小虫たちが飛び交う音など、
いろいろな音が聞こえてきて自然と一体化した様な感覚に…。

綺麗な空気を深く吸いながら、沢山シャッターを切りました。

しばらくして車を止めた道路に戻ると、ん…?道路上に塊が。

さっきまでは無かったはず…なんだあれは?

何かいる…?

なにかいるぞ!と近づいてみると…、
長くなりましたので続きはまた明日(笑)。

邦斗

2018/08/09 from Kunito Watanabe

ページトップへ

ウルトラマン ダークヒーロー スペシャルナイト

「ウルトラマン フェスティバル 2018」のスペシャルイベント、
「ウルトラマン ダークヒーロー スペシャルナイト」に出演します!

実は、これが「ウルトラマン」のイベント初出演になります!

しかも、「ウルトラマンオーブ」のライバル、ジャグラス・ジャグラー役を演じられた
青柳尊哉さんと「ウルトラマンジード」の鶴田プロデューサーとの共演も初めてです!
作品を超えてヴィラン(悪役)が集まる機会はないので、激レアなイベントです!!!

イベント初出演でこんなに貴重な場をいただけることに感謝です。
どんなコラボになるのか、今からワクワクしています!

そして、ウルトラマンを応援してくださっている皆様に、直接お会いできることが
何よりとても楽しみです!

フクイデストの皆様にも是非お会いしたいです!

ご来場、心よりお待ちしています。

一緒にダークな夜を楽しみましょう!

それでは

邦斗

2018/07/19 from Kunito Watanabe

ページトップへ

ゼロ エピソードZERO

Huluオリジナルストーリー「ゼロ エピソードZERO」に出演します!

これは、7月から始まるドラマ「ゼロ 一攫千金ゲーム」に付随した3部作のアナザーストーリーです。

アナザーストーリーやスピンオフといえば、本編終了後に放送や配信されるイメージがありますが、
この3部作は、ドラマの主ストーリと連動して、放送中に配信されます。
なので、オンタイムで別角度からもドラマをお楽しみいただけて、
より一層その世界に入っていけるはず!

そして、原作ファンはご存知かと思いますが、ドラマ「ゼロ 一攫千金ゲーム」の世界では、
命と精神と身体を賭けた究極のゲームが展開されます。

とても見応えのあるドラマに、僕も今から放送が楽しみです!

是非、「ゼロ 一攫千金ゲーム」と「ゼロ エピソードZERO」を合わせてご覧ください!

お楽しみに!

それでは

邦斗

2018/07/14 from Kunito Watanabe

ページトップへ

Page 1 of 191234510...Last »