Off stage style 本人、スタッフによるメッセージを不定期に更新

カメラレンズ その3

少し間が空いてしまいましたが、持っているカメラレンズの紹介です。

canonの「EF70-200mm F2.8L IS ll USM」(焦点距離70〜200mm)。

中望遠のズームレンズで、少し遠い被写体を大きく撮ることができます。

一体、どのくらい大きく撮れるのかというと、
先ずはオフステ(2019.03.13)で紹介した、carlzeissの50mmレンズで撮った下の作例を見てください。

目に見える範囲に近い、シンプルな画角の写真です。

これを全く同じ位置からこの中望遠レンズで撮ると…、

こんなに大きく撮れます。

実は、50mmレンズでも被写体に近づけば同じ様なサイズで撮れるのですが、
なかなか近づけない野良猫や野鳥、遠くの景色を狙いたい時に大活躍するレンズなのです。
特に動物をこのレンズで見ると、いろんな表情を近くに感じられるので、
ファインダーを覗いているだけでもとても楽しいです。
表情に見とれてシャッターを押し忘れることもしばしば(笑)。

肉眼では捉えられない細かな部分をキリッとシャープに、そして単焦点レンズの様なふんわりと
綺麗なボケも出せるこのレンズ、手放したくない大切な一本です!

既にinstagramでは、このレンズで撮った作品を[#ef70200f28lis2usm]のハッシュダグで投稿しています。
是非見てください。

余談ですが、近々このレンズを持って動物園に行きたいです。
キリンやゾウやトラ、撮ってみたいなぁ。

それでは

邦斗

2019/06/28 from Kunito Watanabe

ページトップへ