Off stage style 本人、スタッフによるメッセージを不定期に更新

山菜の天ぷら

おうち時間、いかがお過ごしですか?

僕の母は、母の日と誕生日が近くなので、
お祝いとありがとうのメッセージカードを送ったところ、
おうち時間での栄養の偏りを心配し、
実家の敷地で採れた山菜を送って来てくれたので、
天ぷらを作りました!

届いた山菜は「タラの芽」(写真右)と「コシアブラ」(写真左)。
どちらも旬の食材なので、素材の味を活かせるシンプルな料理が良いと思い、
天ぷらにすることにしました。

タラの芽の写真で料理方法を紹介します。(コシアブラも全く同じ手順です。)

先ずは、丁寧に水洗いし、ヘタの部分を落とし(ヘタも食べられますが少し食感が悪いかも?)、
カラッと仕上げる為に10分程氷水に浸けます。
(母からの教えで、野菜の鮮度を復活させる方法でもあるので、生野菜を食べる時もこの工程をしています。)

山菜を氷水に浸けている間に衣を作ります。
僕の衣レシピは定番ですが、
[薄力粉]1:[片栗粉]1:[氷水]1.5と塩少々をボールに入れて、
ダマが残る程度に菜箸で軽く混ぜます。(混ぜ過ぎると衣が重たくなり、サクッとした食感にならないので注意!)

氷水に浸けていた山菜の水気をしっかり取り、
さっと衣に付けて、180°(170°以上推奨)まで熱した油で揚げます。
(油の量は深さ3cm程で山菜が浸かるぐらいです。)

揚げ始めてから約1分〜1分30秒で完成!
(目安は、菜箸で葉先を摘んでパリパリに感じたらOKです。)

僕の食べ方は、粉山椒を少し振っためんつゆと、塩&レモン汁。
どちらの味も最高に美味しかったです。
現在の東京での生活を気遣ってくれた両親に感謝をしながら味わいました。

ちなみに、タラの芽は山菜の王様と言われており、
[高血圧予防と改善]・[むくみ予防]・[糖尿病]・[疲労回復]・[アンチエイジング]の効果が期待でき、
コシアブラは山菜の女王で、
[動脈硬化防止]・[便秘改善]・[抗酸化作用]・[抗菌作用]などの効果が期待できるそうです。

どちらもアクが強いので、食べ過ぎには気を付けなければいけませんが、
旬の美味しい食材ですので、スーパーなどで見かけたら、
是非、天ぷらで召し上がってみてください!

それでは

邦斗

2020/05/11 from Kunito Watanabe

ページトップへ