Off stage style 本人、スタッフによるメッセージを不定期に更新

Page 12 of 20« First...101112131420...Last »
星籠の海

来年公開予定の映画『星籠の海 探偵ミタライの事件簿』に出演します!
その撮影に入りました!
  
この作品では福山署の刑事・三橋博之を演じます。
  
刑事といえば、今放送している「京都人情捜査ファイル」でも仲田刑事を演じていますが、髪型もスーツの趣味も性格も違い、さらに大きく違うのが福山弁で話すところ。
実はお芝居で方言を使うのは初めてなので、これを機にしっかりマスターしたいです!
  
2人の刑事を同時進行で演じることで、双方の役に新しいヒントが生まれるかも!?と密かに思っています。
  
映画の公開はまだ先になりますが、楽しみにしていてください!
  
撮影、頑張ります!
それでは。
  
  
邦斗

2015/05/03 from Kunito Watanabe

ページトップへ

やる気満々

「京都人情捜査ファイル」1話を見ていただけましたか?
  
4月25日の2時間スペシャルから一週間が経たないうちに放送したので、
今週はどっぷり「京都人情捜査ファイル」に浸かっていただけたのではないでしょうか。
  
来週からは週1回の放送になりますが、是非お楽しみに!
  
そして、ドラマの放送が始まったばかりですが、僕はこれから新しい作品の撮影に入ります!!
詳細は情報解禁になったらお知らせしますが、京都での撮影の合間を縫って別の作品の現場へ直行!?
なんて事もあるかも!?
そんな忙しない日々に突入しますが、やる気満々です!頑張ります!!
  
その他にも、まだまだ出演作品が控えていますので、随時お知らせしていきます!
これからもチェックしてください!
  
それでは
  
  
邦斗
  

2015/05/01 from Kunito Watanabe

ページトップへ

いよいよスタート!

「京都人情捜査ファイル」が明日4月25日、21時からの2時間スペシャルを皮切りにスタートします!!
(2回目は4月30日で、毎週木曜日20時からの放送になります。)
  
撮影開始から約2ヶ月。
僕自身もこの日を心待ちにしていました!!
  
被害者の1番近くに寄り添う「被害者支援室」の警察官と、
捜査を優先する僕が演じる捜査一課の刑事がどの様に事件を解決するのか!?
そして本当の事件解決とは…?
展開をどうぞお楽しみに!
  
  
そして!
回を重ねるごとにパワーアップしていく石丸謙二郎さんとの捜一コンビにも是非ご注目下さい!
  
引き続き撮影も頑張ります!
  
それでは
  
  
邦斗

2015/04/24 from Kunito Watanabe

ページトップへ

「京都人情捜査ファイル」制作発表記者会見

4月30日にスタートするドラマの制作発表記者会見が行われ、
渡辺邦斗演じる仲田周平が所属する、事件の捜査を行う捜査一課の刑事と、
本来は事件の捜査権を持たず、特別捜査を行い、事件に巻き込まれた被害者を支援する犯罪被害者支援室のメンバーが登場しました。
  

  
劇中では、特別捜査を行う犯罪被害者支援室のメンバーとはぶつかり合う事の多い捜査一課ですが、
京都に滞在して撮影していることもあって、今日の会見ではぶつかり合う事はなく、抜群のチームワーク!
  

  
そして、実際に京都府警犯罪被害者支援室で行っている、
「ひまわりの絆プロジェクト」から今回特別に譲っていただいたひまわりの種の種植式も行われ、
事件や事故が少しでも減るように出演者全員で願いを込め植えました。
テレビ朝日で大きなひまわりの花が咲くのを楽しみにしたいと思います。
  

  
毎週木曜夜8時、「京都人情捜査ファイル」を是非ご覧下さい。

2015/04/14 from staff

ページトップへ

京都の川沿いから~後編~

前編からだいぶお待たせしてしまいましたが、『京都の川沿いから~後編~』をお届けします!
僕がどんな風景と出合ったのか!?というと・・・
  
  
「合流地点から木津川沿いにルートを乗り換えれば、流れ橋が見られるよ。」と石丸さん。
「流れ橋?」それがどんな橋なのかわからなかったので、「とにかく、見た事がない風景を見たい!」
という僕の思いで、さらに流れ橋を目指し、引き続き自転車で帰りの事は気にせず進む事にした僕ら。
  
桂川沿いから木津川沿いにルートを乗り換え、左側に川を眺めながら自転車で5km程走ると、
木津川の中に橋らしき物が見えてきました!
でも、なんだか 普通の橋とは格好が違い、「あれはなんだ?」と思っていると、「あれが流れ橋だよ!」と石丸さん。
さらに進み、段々近くなってきたその橋を良く見ると、橋板がかかっでおらず、橋脚のみが反対岸まで伸びています。
  
自転車で流れ橋の入口まで行き、橋脚だけの不思議な光景を写真に収める事にしました。
  

  
石丸さんの説明によると・・・
流れ橋とは、まだセメント技術も無く頑丈な橋を作れない時代、洪水時に起こる橋全体の決壊に耐えられるように、
わざと橋桁を固定せず、橋板が流れても良いように作られた木の橋の事で、橋を復旧する時は
残された橋脚の上に新たに橋板を架けるだけで済む様にした作りなのだそうです。
そして現在もこの橋は、近くに住む住民の方達に使われていたのですが、2014年の台風で橋板が流されたままの状態に今はなっているとのこと。
  
なるほど。勉強になりました!
  
この日は、木津川の水がかなり引いてたので、入口に自転車を駐め、川底の真ん中まで行ってみることに。
橋脚は、遠目に見た寂れた印象とは違い、柱一本一本がとても大きく、まるで古代遺跡のような重厚感。
柱の細部には木を加工した跡や、無駄が無い組み立てられ方を見ることができ、先人たちの知恵に感動しました!
住民のために、早い復旧を願うばかりです。
  

  
素晴らしい流れ橋との出合いに興奮したからか、帰り道の約20kmはノンストップ!
あっと言う間にレンタルショップに到着しました。
  
ママチャリで石丸さんと約40Kmの初ツーリング!とっても有意義な時間になりました!
  
既に石丸さんとは、ツーリングではない別プランを考え中(笑)。
また出掛けた時にはオフステで紹介します!
  
最後に「流れ橋の川底でジャンプした瞬間を撮ろう!」とタイマーでトライするも・・・
タイミングがズレて、ヘンテコな格好に・・・でもこの写真も良い思い出です!
  

  
  
それでは
  
  
邦斗

2015/04/08 from Kunito Watanabe

ページトップへ

京都の川沿いから~前編~

「京都人情捜査ファイル」の撮影が休みのある日。
  
共演者の自転車好きな石丸謙二郎さんにツーリングに誘って頂き、出かけてきました!
  
石丸さんは自前のマウンテンバイクでしたか、僕はもちろん自転車はなく、まずは出掛ける前にレンタルショップへ。
  
ツーリングと聞けば、マウンテンバイクやロードバイクをイメージしますが、借りた自転車はなんと変速機無しの普通のママチャリ(笑)。
(他に選択の余地が無し)
  

  
とはいえ、誰にでも乗りやすいのが「ママチャリ」のいいところ。
  
自転車に詳しい石丸さんからも「ママチャリで走ったことあるんだけど、意外とイケるんだよ!!」とのこと。
  
これで準備も整い、いざ出発!
  
初のツーリングは石丸さんオススメの桂川河川敷を行くコースでした。
  
市内を抜け、10分程走ると河川敷に到着しました!
  

  
暖かい日差しと、土手に咲き始めた菜の花が爽やかで、その中を風を切って走ると最高に気持ちよく、思わず2人で「サイコ~!Yeah!」と叫びました(笑)!
  
しかし。
  
そこはやはり変速機無しのママチャリ。。
  
景色を見ながら気持ち良く漕いでいられたのも最初の1時間程で、徐々に石丸さんが漕ぐマウンテンバイクのスピードに付いていくのが必死になり、あるスピードまで出ると、ペダルが空回り…。
  
そしてだんだん遠くなっていく石丸さんの背中、、(笑)。
  

  
「今回はママチャリだから仕方がない。」とは思いましたが「頑張れ!俺のママチャリ!」と自転車を応援しながら、漕ぎ続けました。
  
そんな苦しくなった状況で15~20分走り、淀川との合流地点付近で、ようやく休憩。
  
この場所まで約14、5km走行したのですが、ここで折り返しても約30kmの道のり。
  
ママチャリで30kmを走る…我ながら関心するところではありましたが、せっかくここまで来たし、この先にまだ見たことがない土地が広がっていると思うと、好奇心の方が勝ち、帰りの事は気にせず、更に先に進む事に!
  
そして期待通り、この道の先には見たことがない風景が広がっていました!!
  
一体どんな風景と出合ったのか!?
それは「京都の川沿いから~後編~」につづく…(笑)。
  
それでは。
  
  
邦斗

2015/03/22 from Kunito Watanabe

ページトップへ

京都散歩日記

撮影の合間に散歩に出かけました!
  
まず最初に訪れたのは「祇王寺」というお寺。

2015/02/23のオフステにも同じアングルからスマホで撮った写真を載せましたが、
今回掲載した写真は一眼レフバージョン。
どちらのカメラで撮っても、深緑がハッキリとわかる、見事な苔でした!
  
実は約2年前、「幕末高校生」の撮影で京都に滞在していた時に、初めてこのお寺を訪れました。
殆どひと気が無い静かな空間と、もみじの木々の間に、一面に張られた苔庭を見て、
心癒されたのを思い出し、再び訪ねました。
今回も全く人がいない中、心を落ち着かせる良い時間を過ごせました。
  
紅葉シーズンは、真っ赤に色付いたもみじと苔のコントラストが見られるとのこと。
機会があればその時期にも訪れてみたいです。
  
みなさんも京都に来た際は、是非行ってみてください。
  
さて、次はどこに行ってみようかな?
  
もし、みなさんのオススメスポットがある様でしたら教えて下さい!
お待ちしています。
  
それでは
  
  
邦斗

2015/03/09 from Kunito Watanabe

ページトップへ

オフショット

只今、「京都人情捜査ファイル」の撮影中です!
  
さて!今回は、マネージャーから「男の子はこういうのを身に付けると、直ぐその気になっちゃうのよね!(笑)」と言わた時の刑事に扮した写真の使用許可が出ましたので、放送前ですが公開します!
  
ジャンッ!
  

  
「捜一」と書かれた腕章、インカムと白手袋を身に付け、その気になりポーズ!
  
しかし次の瞬間、笑っちゃいました!(最近気づきましたが、実は照屋です。笑)
  

  
ドラマでは、捜査一課配属歴も長い、バリバリの刑事を演じているので、笑顔は殆どありませんが、
ここは「オフステージ」なので、これからも笑顔全開でいこうと思います!(笑)
  
それでは、引き続き撮影頑張ります!
  
  
邦斗

2015/03/05 from Kunito Watanabe

ページトップへ

京都人情捜査ファイル

ただいま、4月から始まる新ドラマ「京都人情捜査ファイル」を京都にて撮影中です!
  
今回は、捜査一課の刑事・仲田周平を演じます。
  
これまで色々な役をやってきましたが、刑事役は今回で2回目。
といっても、事件現場に出る刑事役は初めてです!
  
撮影初日に、事件現場で使う「捜一」と書いた腕章、白手袋、インカムを付けただけで、テンションが上がりました!
それを見ていたマネージャーから「男の子はこういうのを身に付けると、直ぐその気になっちゃうのよね!(笑)」と言われましたが、その通り!間違いありません!(笑)
※その写真も撮ってもらいましたが、写真使用の許可が出次第、アップします!
  
撮影は、まだ始まったばかり!これから共演者の方々と息を合わせ、素敵なドラマを作っていきたいと思います!
  
そして恒例ですが、撮影の合間の散歩へも出かけたいです!
(実は、既にショートコースの散歩はしてきました。笑)
  

  
ドラマの放送はもちろんのこと!撮影の事や京都散歩日記もアップしていきますので、お楽しみに!
  
掲載写真の詳細は、またの機会に!(笑)
  
それではロケに行ってきます!
  
  
邦斗

2015/02/23 from Kunito Watanabe

ページトップへ

テニス遠征

テニスを始めてから1年。
  
始めた頃は、周りにテニスをやっている人が少ない印象だったのですが、
最近テニスをやっている事を話す様にしていたら、
やっている人、もしくは、やっていた人が沢山いる事が判明(笑)!
  
更に錦織選手の大活躍もあり、やってみたい!と言う人も周りに増え、まさにテニスブームの到来!
  
そんな中、初めて友達に誘ってもらい、1時間だけテニスをしてきました!
  
実は、これまでのテニスは、事務所スタッフ全員でやってきた社内活動の一環で、
ずっと固定のメンバーで、コーチをつけて練習をしてきました。
  
なので、今回はホームを出て、遠征に出かけた気分(笑)。
  
とはいえ、いつもと同じ施設で、同じコートを借りたのですが、
メンバーが変わるだけで空間が広く見え、全く別物に感じました。
しかし、いつもの様にウォーミングアップから始めると直ぐに感覚が戻ってきて一安心。
単に、緊張していただけでした(笑)。
  
  
今回のメンバーとはコーチもつかないので試合形式でプレイすることに。
  
大きなレベルの違いが無かったので、ゲームはすべて接戦で白熱の展開!
  
松岡修造さんの様に「自分に負けるな!」と言い聞かせる場面が何度もありました(笑)。
  
弱気に出たり、ボールを置きにいくと確実に打ち返される。。
何事もそうですが、テニスもメンタル勝負だなと、魅力を再発見!
  
結果は五分五分。
  
あっと言う間に1時間が経ってしまいました。
「次回は2時間やろう!」という声がプレー中から上がるくらい、集中した有意義な時間になりました。
  
これまでも思っていましたが、もっともっと上手くなりたい!と今回も思いました。
  
もう病み付きで、僕自身がテニスブームです(笑)。
  
これからもテニスは時間がある限り続けていき、いつの日か、特技です!と言えるようになりたいです!
  

  
  
それでは!
  
  
  
邦斗

2015/02/13 from Kunito Watanabe

ページトップへ

Page 12 of 20« First...101112131420...Last »