Off stage style 本人、スタッフによるメッセージを不定期に更新

Page 2 of 23123451020...Last »
ハル〜総合商社の女〜

「ハル〜総合商社の女〜」に矢島智明役で出演します!

この作品は、大手総合商社「五木商事」の経営企画部を舞台に繰り広げられるドラマです。

総合商社とは、金融、貿易、飲食、アパレル、映画会社、更にはロケットまで、
多岐に渡る物資の販売や経営を行う日本特有の会社です。
その中にある経営企画部は、社内業務の様々な問題を精査する部署で、正に先鋭部隊の集まり。

ここまでの説明を聞くとなんだか難しい内容の様な気がしますが、そんな事はありません!
中谷美紀さん演じられる海原晴(ハル)が、一般常識にとらわれる事なく、突飛な方法とパッションで
様々なビジネスの問題解決に挑みます!

そして社内の人間関係も見どころの1つ。
会社では同じ目標に向かって仕事をしていても、そこで働く人々の立場や考えが日々交錯しています。
それは「五木商事」内でも同じです。
日本のビジネスを知ると同時に、登場人物一人一人の人間性や関係も楽しめるドラマですので、是非お楽しみに!

僕が演じる矢島智明がどんな人物か、ご期待下さい!

それでは

邦斗

2019/09/03 from Kunito Watanabe

ページトップへ

子猫

『特殊部隊コンセプト写真集”S.F.P.B”』の書籍発売と
トークショーイベント開催まであと少し!

そこで、撮影時の思い出を少し紹介します。

この写真集の撮影は本物のサバイバルゲームのフィールドをお借りして撮影しました。

そこで出遭ったのが沢山の子猫たち!

確認できたのは8匹。
上の写真に全て写っているのですが、見つけられますか?
(1匹だけ非常に分かりにくいですが、写真中央のガラス戸の下です。)

外で暮らす沢山の子猫を見たのは初めてだったので、到着するや否や、
真っ先に子猫たちの方へ駆け寄ってしまいました(笑)。
予期せぬ子猫たちとの出遭いに大興奮でしたが、気持ちを切り替え、集中して写真集の撮影へ!

数時間後、撮影を全て終えてから、帰る前にもう一回だけ子猫を見てこようと思い探してみると、
お母さん猫の上でスヤスヤとお昼寝をしていました。

スマホカメラのシャッター音で起こしてしまいましたが、
目線をもらえたので、「ありがとう、またね!」と声をかけてその場を後にしました。

次回遭遇できるかわかりませんが、子猫たちが逞しく成長することを願います!

それでは、イベントで是非お会いしましょう!

邦斗

2019/08/30 from Kunito Watanabe

ページトップへ

写真集イベント

青柳尊哉さん、小澤雄太さんと出演させていただいた
ミリタリー書籍『S.F.P.B』の写真をもう一枚チラ見せします!
表紙とも、先日お見せした写真とも違う装いで、スタッフお気に入りの一枚です!
まだ書籍は完成しておらず、仕上がりがとっても楽しみです!

邦斗に、そして共演したお二人にも会える貴重なトークイベントもありますので
是非、会いに会場にいらしてくださいね。
トークでは撮影秘話など、お話し予定です。

イベントのお申し込みはコチラ!
https://twjbooks.official.ec/items/22505430

そして、いつも応援してくださっているKUNITO WEBをご覧の皆様に!
イベントに参加したいけど、スケジュールが合わない!という方に向けて、
KUNITO WEB内でも特典付の書籍通信販売を行います。
詳細はインフォメーションをチェックしてください。
https://www.watanabekunito.com/info/#108

どちらもよろしくお願いします!

スタッフ

2019/08/26 from staff

ページトップへ

写真集

書籍「特殊部隊コンセプト写真集”S.F.P.B”」を発売します!

この書籍は、サバイバルゲーム雑誌『PEACE COMBAT』の監修で、俳優の小澤雄太さんと青柳尊哉さんと共演した写真集です。

サバイバルゲームとは、簡単に言うと実際に体を使った大人の戦争ごっこ。
そのため、迷彩やミリタリーな服を着て、ゲームフィールドと呼ばれるジャングルに見立てた森林で、敵味方に分かれ、ソフトエアガンで打ち合い、互いの陣取りをするものです。
僕は5、6回このゲームをやったことがありますが、子供の頃にやった「かくれんぼ」や「ドロケー」の興奮を思い出し、毎回夢中になります。

サバイバルゲームを趣味にされている方も多く、エアガンの他にも、
こだわりあるトランシーバーやコンパス、暗闇でも見ることができるゴーグルなどのフル装備を持っている方達もいます。
僕はそこまでの装備を付けたことがなかったのですが、
この写真集で初めてフル装備をさせていただきました!
フル装備してみるととにかく重い(笑)。全部で10kgくらいはあったと思います。
しかしその重さがサバイバルゲームへの意欲を高めてくれて、
まるで映画やドラマの役に入った時の様な感覚にもなり、とても楽しい撮影でした。
この写真集で色んな装備をした新たな僕の姿を楽しんでいただけると嬉しいです。

そして、僕を撮影してくださったスチールカメラマンはなんと、僕も写真作品を出展している「噂の写真展」のメンバーであるSatomiさん!
Satomiさんはこれまで雑誌『PEACE COMBAT』で多くの方達を撮られてきていますが、
「噂の写真展」を作る為に時間を共にしてきたことでイメージの共有がとてもし易く、それが安心感となり、リラックスして撮影に臨むことができました。

これまでに頂いた数々のご縁が違う形で繋がっていくことがとても嬉しく、新しいことへの挑戦にもなり、幸せな時間でした。

『特殊部隊コンセプト写真集”S.F.P.B”』を是非、お楽しみに!

また発売を記念して、小澤さん、青柳さんとトークショーもやります。
青柳さんとはウルトラマンシリーズのイベントで2度共演させていただきましたが、
小澤さんと共演するのは、2017年に放送した「ウルトラマンジード 」以来。
大変貴重なスリーショットですので、是非遊びに来てください!

それでは

邦斗

2019/08/13 from Kunito Watanabe

ページトップへ

夏の定番料理

暑い日々が続いておりますが、いかがお過ごしですか?

水分と塩分をこまめに摂って体調管理に気を付けたい時期です。
そこで、暑い夏にオススメの僕の好きな料理を紹介します。

「ジェノベーゼの冷製パスタ」

冷たいパスタと爽やかなバジルの香りが暑気を和らげてくれるので、僕の夏の定番料理です。

この「ジェノベーゼの冷製パスタ」を食べたいが為に、ベランダ菜園でバジルを育てています。
摘みたてのフレッシュなバジルの葉とクルミを使って、まずはジェノベーゼソース作りから。
(通常は松の実を使いますが、無かったのでクルミを代用しました。)

ジェノベーゼパスタ[2人前]の材料は

・パスタ (約80g/1人前あたり)
・バジルの葉 (約20枚)
・クルミ (約20g)
・オリーブオイル (適量)
・塩 (適量)
・粉チーズ (適量)
・(お好みでニンニクも)

バジル以外(バジルは熱に弱く変色してしまうので)の材料を容器に入れてミキサーでペースト状になるまで砕き、
最後にバジルを加えて更にミキサーをしたらジェノベーゼソースの出来上がり!

冷製にすると味が薄く感じる為、塩とチーズを多めに入れています。
いつも材料は目分量で、味見をしながら調整するのでかなり適当です(笑)。
(冷蔵庫で保管すれば3〜4日保ちます。)

作ったソースを冷蔵庫で冷やしている間にパスタを茹で、鍋から上げたら冷水でしめます。
しめたパスタとジェノベーゼソースをボールに入れて混ぜれば「ジェノベーゼの冷製パスタ」の完成です。

パスタの他にも、ジェノベーゼソースをサラダにかけても美味しいです。
特にトマトとモッツァレラチーズに相性抜群!

暑い夏にオススメの料理でした。

それでは

邦斗

2019/08/09 from Kunito Watanabe

ページトップへ

ストライダー

突然ですが、「ストライダー」と言う乗り物をご存知ですか?

これはアメリカ発祥のペダル無し二輪車で、足で漕いで走る子供用の乗り物です。

実は5歳になる甥っ子がこの「ストライダー」にハマっており、レースに出場することになったので応援に行ってきました!

初めて見たストライダーレース。
3歳〜6歳の子供達が、年齢別に組まれたレースで真剣勝負を繰り広げました。
5、6歳のレースにもなると、駆け引きやボディーコンタクト(体をぶつけ合うこと)は当たり前。
張り詰めた緊張感とパワフルでスピーディーな走りを見て、衝撃を受けました。


上の写真はスタートラインに立ち、静かに集中する選手達の様子です。


レース中の目つきも真剣そのもの。

その姿は子供のものとは思えないほど力強く美しく、感動し夢中でカメラのシャッターを切りました。
それに、僕も小さい頃からスポーツをやっていたので、勝敗がついた時の子供達の嬉しさや悔しさにとても共感しました。
勝利への熱い気持ちが一人一人から伝わり、改めてスポーツの楽しさと勝負の魅力を感じた素敵な時間になりました。

ちなみに、甥っ子は5歳と6歳の2つのレースに出場し、6歳レースでは予選落ちでしたが、5歳レースで優勝しました!
機会があったらまた応援してきます。

それでは

邦斗

2019/07/26 from Kunito Watanabe

ページトップへ

DARKNESS HEELS Morning Sabbat 〜夜明けのコーヒーとともに〜

「DARKNESS HEELS Morning Sabbat 〜夜明けのコーヒーとともに〜」に出演します!

ウルトラマンシリーズのイベントには、「ウルトラマン ダークヒーロー スペシャルナイト」に2度、
ジャグラス・ジャグラー役の青柳尊哉さんと共に出演し、シリーズを応援して下さるファンの皆様と、とても楽しい時間を過ごすことができました!

3度目の出演になる本イベントでは、放送が始まったばかりの「ウルトラマンタイガ」に霧崎役で出演中の七瀬公さんも参加されます!
「ウルトラマンタイガ」の初回放送を見ましたが、霧崎、不気味でした..。
新たなメンバーも加わり、更に濃い闇のイベントになることでしょう!

一体どんなイベントになるのか、「DARKNESS HEELS Morning Sabbat 〜夜明けのコーヒーとともに〜」をお楽しみに!

ご参加、お待ちしております。

余談ですが、サブタイトル「Morning Sabbat 〜夜明けのコーヒーとともに〜」で思い出したことを一つ。
僕は毎日夜明けのコーヒーを飲みますが、年中ブラックのアイスコーヒー派なのに、
伏井出ケイはブラックのホットコーヒー派だったので、伏井出ケイを演じていた時期は撮影じゃない時もホットコーヒーを飲む事が多かったのです。
でも、それ以降ホットコーヒーを飲んだ覚えがありません。
当時飲んだホットコーヒーを写真にしっかり記録していました。
写真を見ると伏井出ケイの事を思い出します…。

それでは

邦斗

2019/07/12 from Kunito Watanabe

ページトップへ

カメラレンズ その3

少し間が空いてしまいましたが、持っているカメラレンズの紹介です。

canonの「EF70-200mm F2.8L IS ll USM」(焦点距離70〜200mm)。

中望遠のズームレンズで、少し遠い被写体を大きく撮ることができます。

一体、どのくらい大きく撮れるのかというと、
先ずはオフステ(2019.03.13)で紹介した、carlzeissの50mmレンズで撮った下の作例を見てください。

目に見える範囲に近い、シンプルな画角の写真です。

これを全く同じ位置からこの中望遠レンズで撮ると…、

こんなに大きく撮れます。

実は、50mmレンズでも被写体に近づけば同じ様なサイズで撮れるのですが、
なかなか近づけない野良猫や野鳥、遠くの景色を狙いたい時に大活躍するレンズなのです。
特に動物をこのレンズで見ると、いろんな表情を近くに感じられるので、
ファインダーを覗いているだけでもとても楽しいです。
表情に見とれてシャッターを押し忘れることもしばしば(笑)。

肉眼では捉えられない細かな部分をキリッとシャープに、そして単焦点レンズの様なふんわりと
綺麗なボケも出せるこのレンズ、手放したくない大切な一本です!

既にinstagramでは、このレンズで撮った作品を[#ef70200f28lis2usm]のハッシュダグで投稿しています。
是非見てください。

余談ですが、近々このレンズを持って動物園に行きたいです。
キリンやゾウやトラ、撮ってみたいなぁ。

それでは

邦斗

2019/06/28 from Kunito Watanabe

ページトップへ

小さな風景

「スパイラル〜町工場の奇跡〜」をご覧下さった皆様、ありがとうございました!

現場での思い出に浸りながらアルバム写真を見ていたら、僕的に「興味深いな〜」と思って
記録した写真があったので紹介します。

その風景に気付いた時、「こんなの見たことない!」と興奮し、いつも持ち運んでいるカメラですぐさまパシャリ。(スーツを着てカメラを構えているのが僕です。)

こちらがその時に撮った写真。

劇中でマジテックの本社として使わせていただいた、とある本物の町工場に置いてあった一輪車の写真です。
僕が注目したのは、一輪車のタイヤ。
なんと、鉄片がタイヤにめり込んでいたのです!

分厚い一輪車のタイヤにこんなに沢山の鉄片がめり込んでいるなんて、
いままでどれだけ重い物を運んできたのだろうか…。
そのめり込んだ鉄片が、まるで化石の様に、その工場の歴史やそこで働く人々の姿を想像させてくれました。

ここに来なければ知ることもない、気付かなかったら通り過ぎてしまうであろう小さな風景でしたが、
出合えたことに感謝です。

一輪車さん、これからも頑張ってください!

それでは

邦斗

2019/06/13 from Kunito Watanabe

ページトップへ

クランクアップ

「スパイラル〜町工場の奇跡〜」、クランクアップしました!

今作品に携わった関係者の皆様、キャスト、スタッフの皆様、大変お世話になりました。
現場は常に和やかなアットホームの雰囲気で、とても居心地良く、幸せな時間を過ごせました。

僕が演じる隅田は本来の僕とは対極で、ハイキャリアでビジネスライクなスーパーエリートです。
そんな隅田の為に、演出、撮影、メイク、衣装、装飾、その他の技術チームが
アイディアと力を注ぎ込んでくださったお陰で、最後まで完走することができました。
ストーリーからも現場からも「ものづくり」に対する熱い思いを感じ、勉強することができ、感謝感激です。

ドラマ放送も残すところあと1話。
見てくださっている皆様も本当にありがとうございます。
マジテック、村尾、ホライズンの三つ巴の争奪戦が激化している中、ラストどうなるか?
最終回、目が離せない展開ですので、是非、最後の最後までご覧ください!

それでは

邦斗

2019/05/31 from Kunito Watanabe

ページトップへ

Page 2 of 23123451020...Last »